アフガニスタン
        光と影
バンデアミール

サイトリスト  
おすすめサイト
古都ー光と影 TOP
大和路ー光と影1
大和路ー光と影2
大和路ー光と影3
京都ー光と影1
京都ー光と影2
京都ー光と影3
イタリア-光と影・町並

アフガニスタン-光と影・町並

YKギャラリー
YKギャラリーにおいて作者山口佳延による京都・大和路等のスケッチが展示されています。但し不定期。


カブール旧市街、とある土づくりの家が小径から続いたトンネル状の入口が開放的に口を開けていた。それは家の中庭に続いていた。ふらふらとトンネルに足を踏み入れ、進んでいった。中庭に至る少し手前、厳つい顔貌の主人と思しき男が、犬を追い払うように右掌を振った。男の目は据わり爛々と光っていた。
旧市街は外国人、異教徒には排他的であり、よそ者を警戒している。自らの生活や財産を守る為、そのような行為もうなずける。


 
古都ー光と影・関連サイト
  読後感想
  山口佳延写生風景
  絵と文 建築家・山口佳延
      
 
サイト
概要説明

 1 ペシャワールから国境へ

再び外国人四人と共に馬車の荷台に乗った。馭者は両手に馬の手綱を持ち、はっと声を発し手綱を揺らし馬の頬を叩いた。シャンシャン・・・パカパカ・・・、リズミカルな音を心地よい気分で聴いていた。  程なくペシャワールのアフガニスタン領事館に着いた。   狭い受付には、既に数人のビザ申請者が書類に向かっていたり、カウンターの中の担当者に話しかけていた

 2 国境の町トルカム

荒漠たる白茶けた砂漠に建つアフガン入国管理事務所に入った。先刻の四人連れはリュックを背から下ろし手続きを始めていた。私が足を踏み入れると、彼等は振り返った。互いに軽く笑顔で挨拶を交わした。無言であったがその眼には似た旅をしている、という共有意識が感じられた。

 3 カイバーパス・カイバル峠

峡谷が幾らか緩やかになった辺りでは、川岸の岩に流れがぶつかり飛沫を白く輝かせていた。対岸の川との境の山裾は幾らか平らになっていた。其処にラクダに乗ったアフガン人がゆっくりとした足取りで、バスとは反対方向に進んで行った。風景が流れ、アフガンポストバスはあっという間に、男を遠ざけて行った。
 暫くして、ラクダと共に四人の家族連れの一団が、峡谷をカブール方面に向かっている姿があった。住居・・・

 4 バーミヤン渓谷

三時頃バーミヤンに着いた。街道沿いに安普請な造りの店や安宿が、幾つか立ち並んでいた。平家の小屋のような建物の遙か彼方に、緩やかな稜線が横に長く山端を描いていた。かなり遠方からの眺めだったためか、それは、男性的なゴツゴツとした印象ではなく、女性的な優しい穏やかな姿であった。
 山端の麓には岸壁の巨大さに対し、頼りなげな樹々が立ち上がっていた
垂直に切り立った岸壁には、黒い影が点々と染みのように散らばっていた。左右の一際大きな染みは・・・・
このページのトップに戻る


リンク集

メールはこちらへ

創設計社-YKギャラリー- WaKo塾-古都ー光と影-京都ー光と影-大和路ー光と影-有料自習室 YKビル賃貸マンション  


Copyright(C) Sousekei All rights reserved.